屋根工事

屋根材の耐久性はいつまでも続くものではなく、雨や風、紫外線によって日々劣化し、やがて破損やズレ、浮きといった症状があらわれるようになります。

素材により10年前後から数十年の耐久性の違いがありますが、周辺環境やメンテナンスの頻度によって、素材が持つ以上の耐久性を実現することができます。

屋根材の種類

◆ 日本瓦
古くから使われている瓦で日本の風土に適している屋根材です。50年以上の長い耐久性、火や風にも負けない強度でほとんどメンテナンスの必要がありません。

◆ カラーベスト
アスベストの心配がない屋根材。通常の瓦と比べて軽く、施工費も安くなります。

◆ スレート
現在使われている代表的な屋根材で、瓦に比べて軽量で施工しやすい特徴を持っています。昔はセメントと石綿を混ぜ合わせたものが使われていましたが、今では無石綿のスレートに切り替わっています。

◆ 銅板
銅板屋根の一番の特徴に、独特の色調変化が挙げられます。神社仏閣の屋根で多く使われています。

一覧に戻る

▲TOPへ